宇都宮の新築一戸建て・建売の不動産|MC住宅情報センター > MC住宅情報センターのスタッフブログ記事一覧 > 不動産購入のタイミングを個人的状況と社会的状況から探る

不動産購入のタイミングを個人的状況と社会的状況から探る

≪ 前へ|不動産の買い替えはどのタイミングで考える?売りと買いはどちらが先なの?   記事一覧   マイホームの子ども部屋の適切な広さとは?広さを決めるポイントもご紹介|次へ ≫
カテゴリ:不動産業界

「不動産購入」のタイミングを個人的状況と社会的状況から探る

不動産の買い時に迷う方は少なくありません。
結婚や昇進など個人の状況や、金利の動きなど社会的な状況を見ると、不動産購入のタイミングの目安にすることができます。
ベストな購入のタイミングは人それぞれですから、ポイントをおさえて、先々まで「買ってよかった!」と思える不動産購入を実現しましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

年収や年齢など個人的な状況で不動産購入によいタイミングをはかる

はじめて不動産を買うタイミングとして、適した個人的状況を探っていきましょう。
まず年齢では、30代後半から40代前半、世帯年収は新築を取得するなら700万円から800万円前後、中古の取得なら670万円から700万円前後がタイミングの目安にできます。
年収については世帯年収として考え、家族で協力して無理のないローン返済を計画したいですね。
実際に、不動産購入をする際、多くのケースで住宅ローンが活用されています。
その際、最長期間は35年で、80歳までに完済としている金融機関が一般的です。
最長の35年で活用したとして、逆算すると45歳です。
しかし、完済時が80歳となると収入に不安を感じる場合もあるでしょう。
年齢は、少し早めの40代前半までに購入できると、よいタイミングといえそうですね。
また、人生のライフイベントからタイミングをはかることも可能です。
好機としては、結婚、昇給や昇格、あるいは出産が購入の目安のひとつです。
昇給や昇格は、世帯年収に好影響となりますし、結婚や出産は、家族の人数が増えることがよい契機となります。

低金利は好機?社会的な状況から不動産購入によいタイミングをはかる

不動産に関連する事柄や社会的背景から、買い時かを探ってみましょう。
まず、住宅ローンの金利を観察すると、平成初期には8%(変動)を超えたときもありましたが、現在は変動、固定ともに低金利が続いています。
一方で不動産価格は、ここ10年ほど戸建てはほぼ横ばい、マンションは上昇傾向が続いているといえるでしょう。
社会背景として、新型コロナウイルス感染症などの影響もあり、テレワークなどを導入する企業も増えました。
生活様式や働き方が変わったことで、不動産の住み替えや購入を検討している人もいます。
住宅ローンの金利が低金利であり、社会的なライフスタイルも変化しつつある今、購入を検討するひとつのタイミングといえるかもしれませんね。

まとめ

さまざまな角度から、不動産購入のタイミングを考えることが可能です。
とくに、家族がふえるタイミングは好機です。
子どものためによい環境や、子育てしやすいエリアにマイホームを入手することは、先々まで家族の暮らしによい影響をもたらすでしょう。
私たちMC住宅情報センターは、お客様の満足のために真摯にご対応いたします。
宇都宮市の不動産に関するご相談・お悩みはぜひ弊社までお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産の買い替えはどのタイミングで考える?売りと買いはどちらが先なの?   記事一覧   マイホームの子ども部屋の適切な広さとは?広さを決めるポイントもご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

増子 博昭 最新記事



増子 博昭

誠実と柔軟性がモットーです。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る