宇都宮の新築一戸建て・建売の不動産|MC住宅情報センター > MC住宅情報センターのスタッフブログ記事一覧 > マイホームの子ども部屋の適切な広さとは?広さを決めるポイントもご紹介

マイホームの子ども部屋の適切な広さとは?広さを決めるポイントもご紹介

≪ 前へ|不動産購入のタイミングを個人的状況と社会的状況から探る   記事一覧   20代で不動産を購入するメリット・デメリットとは?|次へ ≫
カテゴリ:間取り

マイホームの子ども部屋の広さとは?平均的な広さはどのくらい?

マイホームを検討する際、「子ども部屋の広さ」に悩まれる方も多いのではないでしょうか?
子ども部屋は、広ければ広いほどよいと考える方や限られた時間しか使わないので最低限で良いと考える方など、ご家庭によって子ども部屋の広さはさまざまです。
今回はマイホーム購入をご検討中の方に向けて、子ども部屋の適切な広さとはどのくらいかをテーマにお伝えします。

弊社へのお問い合わせはこちら

マイホームの子ども部屋のベストな広さとは?平均的な広さを知ろう

マイホームの子ども部屋の平均的な広さは、4畳半から6畳程度です。
また同性の兄弟であれば、二人同じ部屋で広めに8畳から10畳の部屋にされるケースも多いです。
マイホームの子ども部屋の適切な広さの基準とは、学習机とベッドをおくスペースを確保できるかです。
近年はリビング学習をされるご家庭も多いので、そもそも学習机を購入するのかも合わせて検討すると良いですね。
またマイホームを購入するときのお子様の年齢から、あと何年子ども部屋を使用するのか考えるのもポイントです。
たとえばお子様がまだ就学前であれば、今後お友達を呼んだりたくさんのおもちゃを置くのでスペースが必要になります。
しかし中高生であれば独立まであと少しですし、リビングなどの他の部屋の広さを犠牲にしてまで子ども部屋を広くとる必要はないかもしれません。

マイホームの子ども部屋が広い・狭いそれぞれのメリットデメリットとは?

マイホームの子ども部屋、広ければ広いほど良い訳ではなくそれぞれにメリットデメリットがあります。
まず広い部屋のメリットは、家具や荷物をたくさん置けることや広々と使用できるところです。
広々とした部屋は、お友達も呼びやすいですね。
一方でデメリットは広い部屋は荷物を溜め込みやすく、掃除や整理整頓も大変なところです。
またあまり居心地のよい空間になると、お友達の溜まり場やひきこもりになるリスクもあります。
次に狭い部屋のメリットですが、スペースが限られるぶん荷物の取捨選択ができるので、管理が行き届きやすいです。
広い部屋とは反対に、自室にこもりにくいので家族のコミュニケーションがとりやすいでしょう。
一方でデメリットですが、やはりスペースが限られるとおもちゃや教材などが片付けきれないことです。
成長につれ荷物も増えていきますので、掃除や断捨離を定期的にしないと足の踏み場のない部屋になってしまいます。

まとめ

今回はマイホーム購入をご検討中の方に向けて、子ども部屋の適切な広さとはどのくらいかをテーマにお伝えしました。
マイホームの子ども部屋は、広くても狭くてもそれぞれにメリットデメリットがあります。
家族構成や年齢、兄弟姉妹の有無、ライフスタイルを考慮して子ども部屋の広さを検討しましょう。
私たちMC住宅情報センターは、お客様の満足のために真摯にご対応いたします。
宇都宮市の不動産に関するご相談・お悩みはぜひ弊社までお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産購入のタイミングを個人的状況と社会的状況から探る   記事一覧   20代で不動産を購入するメリット・デメリットとは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

増子 博昭 最新記事



増子 博昭

誠実と柔軟性がモットーです。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る