宇都宮の新築一戸建て・建売の不動産|MC住宅情報センター > MC住宅情報センターのスタッフブログ記事一覧 > 契約前に住宅ローンの事前審査を有効活用しよう。

契約前に住宅ローンの事前審査を有効活用しよう。

≪ 前へ|省エネ住宅に補助金がつく?政府が新設する補助金について。   記事一覧   LRT事業。駅西側の延伸区間公表、再びの先送りへ。|次へ ≫
カテゴリ:住宅ローン



こんばんは。代表の増子です。

住宅ローンの事前審査。

一部の金融機関では仮審査とも呼ばれています。

今ではインターネットからでもお手軽に申し込むことができるようになっています。

事前審査は、不動産を購入するために住宅ローンの融資を受けたい場合に本審査の事前に行われる審査の事です。

売買契約前に借り入れが可能かを金融機関に確認してまらいます。

事前審査の目的としては、売買契約後に融資が下りなかった場合に、関係者に降りかかるであろう不利益を回避することです。

また、事前審査を行うことによって、住宅ローンにかかわる保証料の金額がわかるります。

住宅ローンの保証料は、借りる方それぞれの事情(年収や勤務先など)によって異なるのですが、事前審査を行うことにより保証料の金額が判明するため、諸費用の目安がつくことにより資金計画が立てやすいといったメリットもあります。

住宅ローンの事前審査における必要書類は、運転免許証・健康保険証・物件資料(不動産会社の販売図面など)があります。

ネット銀行の場合、事前審査の段階で書類の提出を要求されないケースもありますが、入力する数字を間違えると本審査でスムーズにいかないケースも想定されるため、手元に書類を置くなどして、正確な入力を心がけましょう。

とりあえずの事前審査もあり。住宅購入が有利になることも。


事前審査は原則的には購入したい物件が決まってから行うものですが、資金計画の目途を早めに確認したい場合には、とりあえず候補の物件からひとつ選んで審査をかけてみるのもありです。

特に新築の建売住宅の場合、たとえ審査対象の物件が変わったとしても同じ新築の建売住宅であれば、物件の評価はほとんど変わらないため、本審査において不利になることはありません。

また、事前審査をとおしておくことにより、物件探しが有利に働くことがあります。

例えばですが、欲しい物件がほかの方と重なってしまった時などには、事前審査をとおしていますという事を売主側に告げることによって、一番手という形で優先的に契約してくれることが多いです。

事前審査をとおしているという事実は売主にとっても重く受け止められており、売主が業者の場合、どんなに年収や勤務先が優秀でも、事前審査をとおしていなければ契約を行わない業者がほとんどです。

しかしながら、ネットのみで完結する事前審査は書類や資料の提出が求められないため、結果に対する信用性が低くなることから、売主次第では評価してくれない業者もあるので注意が必要です。

まとめ。


いかがでしたでしょうか。

事前審査を行うことは無理のない返済計画が立てられますし、物件探しにも有利に働きます。

故に、私は前もっての事前審査をお客様に勧めることが多いです。

不動産には同じものは二つとないため、物件選びで後悔しないためにも事前審査を上手に利用することをお勧めします。


ブログの記事に関して、ご質問やご意見のある方は下記のバナーをクリックしてお問い合わせ下さい。



MC住宅情報センターは新築一戸建の仲介手数料完全無料です。
詳細は下記のバナーをクリックして下さい。



仲介手数料無料対象物件はこちらです。
下記のバナーをクリックして下さい。





≪ 前へ|省エネ住宅に補助金がつく?政府が新設する補助金について。   記事一覧   LRT事業。駅西側の延伸区間公表、再びの先送りへ。|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

増子  博昭 最新記事



増子  博昭

誠実と柔軟性がモットーです。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る